不動産法務が専門の行政書士が、
全力で再生支援

不動産法務が専門の行政書士が、
全力で再生支援

不動産法務が専門の行政書士が、
全力で再生支援

無料相談お気軽にご連絡を
不動産業者には相談しづらい方
競売になりそうな方、なった方
銀行への相談が必要な方
差押通知がきた方

こんなお悩みありませんか?

ビル
住宅ローン
法務と不動産
資金調達
老後資金
新規顧客

リースバックには、法的な知識と不動産の知見が欠かせません。
法務のプロである行政書士・不動産のプロである宅建士
両資格を併せ持つ当職が対応致します。

リースバックとは

不動産を守りつつ、⽣活防衛‧事業防衛のための資⾦調達ができる仕組みです。

不動産を売却し、まとまった資金を得ると同時に、当該不動産を借りることで、
自宅の場合は住み慣れた自宅に住み続けることができ、
企業の場合は事業に欠かせない社有不動産を利用し続けることが出来ます。

ただの不動産売却とは違いご自宅からの引っ越す必要もありません。
プロテクト行政書士事務所と系列不動産会社の湘南プランニングは、
お客様の安心と生活基盤確保のために
お客様の気持ちに寄り添ったご提案を致します。



リースバックとは

 

 

特徴①

企画立案のイラスト

お客様ごとに企画を立案

不動産業者にありがちな物件目当ての企画ではなく、経営改善や生活再建など、お客様のニーズを総合的に捉えて企画を立案します。

 

特徴②

サポートのイラスト

トータルサポート

買戻し(再購入)やリスク管理などリースバックが開始した後の事まで、トータルに企画します。

 

特徴③

企画力のイラスト

多彩な企画力

リースバックだけでなく、他の企画が立案可能。士業ネットワークと不動産ネットワークの両方があるため、企画力が他と圧倒的に違います。

担当行政書士について

國⽴⼤助

⾏政書⼠:國⽴⼤助

【⾏政書⼠】 國⽴⼤助
【保有資格】 ⾏政書⼠、宅地建物取引⼠、競売不動産取引主任者、
⽇本不動産仲裁機構登録調停⼈
1974年⽣まれ。学習院⼤学法学部卒業後、㈱バーミヤン(すかいらーくグループ)に⼊社。
群⾺新潟エリアの18店舗の地区⻑に就任後、本部企画室に配属され、
主に経営企画担当‧営業企画担当に就任し、800店規模の予算⽴案や販促企画を担当。
その後、2003年、㈱バーミヤンを退社し、株式会社湘南プランニングにて専務取締役に就任。
事業再⽣コンサルタントとして、中⼩企業の再⽣に携わり、
現場改善コンサルや、不動産を軸とした事業再⽣企画を中⼼に活動している。
特に任意売却やリースバックについてはキャリア20年近く、かつ実績は100件以上、業界内でも最古参の部類に属すベテラン。
こうした中、より専⾨性を⾼めるために⾏政書⼠資格を取得し、プロテクト⾏政書⼠事務所開設。
不動産法務と中⼩企業⽀援法務へと活動範囲を広げている。

プロテクト行政書士事務所だからこその特徴

安心、かつ、実践的な相談が可能

法務と不動産

任意売却やリースバックに関しての法的リスクから物件相場まで、不動産の幅広い問題に、法務と実務に精通した⾏政書⼠がお応えします。 弁護⼠さんでは敷居が高く、かと言って不動産屋さんでは 不安で心配といった事柄だからこそ、お気軽に御相談ください。

不動産以外の悩みにも対応

悩む男性

皆様の不安は、単に物件がどうなるかだけではありません。「債権者への対応は?」「経営再建や生活再建への道筋は?」など、不動産以外のお困りごとがつきものです。当事務所は、行政書士としての法務サポートを通じて、こうした悩みにも対応致します。

ワンストップでの相談が可能

連携の図

企業も個人も、再生企画を実施するには、弁護士や司法書士による裁判関連サポート、、税理士による税務サポート、などが必要となることがあります。こうした一般法務を超える諸問題については、行政書士として提携している士業の力を借りて、ワンストップでトータルに解決することが出来ます。

任意売却、リースバックを初めとする差押対応/競売対応を手掛けて約20年の
経験があるからこそ、 画一的では無い迅速で丁寧な企画をご提供できます。

活用事例

公務員Sさん

練馬区 公務員 Sさん
数年前より妻の浪費が原因で家計が崩壊。 住宅ローンの滞納にまで発展し、競売申立を受けたので相談をしました。 そうした所、住み続けたまま物件を売却する企画を進めてもらうことができ、今までの生活を何ら変えることなく競売を回避することができました。 さらに、数年後には自宅を娘が買い戻すための段取りまでしてもらいました。ありがとうございました。

製造業Kさん

板橋区 製造業 Kさん
会社の再生計画の中、担保のついている不動産の処理が上手くいかず、更には売却によって大きな費用が掛かるとのことで 國立さんに相談しました。 費用の持ち出しが一切なく、また多額の経費節約効果の出る任意売却を提案して貰いました。他社ではできないものも上手く行き、つくづく相談先によって差が出るものだと実感しました。

設備賃貸業経営Aさん

目黒区 設備賃貸業 経営 Aさん
経営する会社の業績がリーマンショックの影響を受け厳しい状況になり、担保に入れていた本社ビルが競売になったことから相談をしました。 本社ビルが競売になると、経営を断念せざるを得ない状況であったので、他社には無い「使い続けられる」という企画はとてもありがたかったです。 更には、税理士の先生も御紹介頂き、立て直しに向けた体制が整いました。おかげさまで今ではしっかりと再生出来ました。

ご利用の流れ

STEP1

お問い合わせ

まずは、メールまたはお電話ください。差押や競売になっている方は勿論、「競売になりそう」「返済が出来なさそう」といった漠然とした不安を持っているだけの方もお気軽にご相談ください。「今の苦境をわかってもらいたい。」 そんな些細な御相談でも構いません。皆様のお話を、まずはジックリお聞きします。どうしたら物件を守れるのか、再生に向けて不動産をどのように活用すべきなのか、一緒に考えることが、再生への第一歩です。

ウェルカムハート

STEP2

御面談、各種調査・情報整理

皆様のお悩みを聞いた上で、大事な御試算である不動産を、客観的に調査いたします。また、不動産業者と違い、皆様の再生を一緒に考えるべく、現在の債権者との関係性や、債務の状況、保証関係を初めとする契約関連、御親族との関係性など幅広く情報を整理し、企画の基礎となる状況把握を行います。

お電話/面談

STEP3

企画の御提示、不動産買取候補者や士業ネットワークの決定

具体的な企画の素案を作成し、不動産だけでなく皆様の再生への見通しや段取りについてご説明いたします。また、不動産買取業者を初め、皆様の再生計画を実施するにあたって必要となるプレイヤーにどういった士業が必要なのかを御説明します。

買取価格のご提示

STEP4

担保権者への上申書の作成

皆様の納得できる企画が定まりましたら、その企画の実施に向けて、不動産の所有権移転に向けた債権者との折衝を始めます。具体的には、任意売却に関する上申書を作成したり、債権者への対応についてのポイントをおさえ方についてご説明をしたり、不動産媒介業者として債権者への物件説明に御同行したり致します。

売買契約

STEP5-a

不動産売買契約とそれに伴う競売回避

無事に債権者からの承諾が得られましたら、いよいよ買取候補者と、物件の売買契約を行い、またそれに伴い確実な取引を実施いたします。この時、取引の実行がなされるのと同時に、競売は回避されることとなります。

売却代金受け取り

STEP5-b

賃貸借契約によって生活基盤・経営基盤の確保

企画内容がリースバックの場合は、再生への具体的スタートとして生活基盤・経営基盤を確保するべく、売却した不倒産について賃貸借契約をスタートさせます。また、将来、再購入を行う場合は、その為のサポートをさせて頂くこともあります。

賃料支払い開始

リースバックには法的検討が欠かせません。
窓口として行政書士が対応いたします。

よくある質問

Q.初回の相談料については必要ですか?

A.どなた様も、初回相談は無料です。

また、当職の経営する不動産会社と不動産の仲介について契約をしていただく場合は、原則としてその後の相談料も無料です。例外的に相談料やその他の費用が発生する場合は、あらかじめご説明をさせて頂きますのでご安心下さい。

Q.提案された企画は必ず成功するのか?

A.20年間のキャリアの中で得た企画成立のポイントを押さえて立案をするため、成功確率は高いと言えます。

ただし、どうしてもこちら側ではコントロールが不可能な債権者側の意向によって、立案した企画が成立しないことはあり得ます。但し、その場合には改めて企画を練り直し、可能な範囲でベストな企画を再提案させて頂きます。債権者の反応が読めないことへの不安から、踏み出すことのリスクばかりを考えて踏み出さないことの方が、競売ステージでは極めてリスクの高い状態と言えます。まずは、御相談下さい。

Q.持ち出しの金額を用意する必要あるか?

費用面については、不動産の所有権の移転が生じる場合は宅地建物取引業法の定めのとおり売却金額の3%+6万円(税別)が必要となりますが、当該費用については原則として、物件の売却代金から御支払いを頂くこととなるため、現在のお手持ち金から御支払い頂く必要はありません。

Q.弁護士先生など他者に相談中だが大丈夫か?

弁護士先生や税理士先生に御相談中でも、勿論対応可能です。

弁護士先生や税理士先生は、私には無い専門性をお持ちの一方で、逆に不動産の相場などについては専門外となりますので、当職と共に分業体制で取り組むことは可能です。むしろ各専門家たちがチームを組んで対応することは理想的な体制であり、皆様にとって有益です。お気軽に御相談下さい。

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、
以下お問い合わせフォームまたはお電話からお寄せください。

- お電話でのお問い合わせはこちら -

03-5733-0210
株式会社湘南プランニング内
電話受付 / 平日10:00 ~ 17:30